(対応時間:平日10:00~18:00)

シェフインタビュー No.15

オーガニックフード、ヘルシーフードを使ったシンプルなお料理を追求していきたい出張料理人の中村道子さん

Dsc 0070 2

お料理に興味を持ったきっかけは何だったんですか?

実家が飲食業、商売をやっていました。麺類の製造業です。今現在は兄が継いでいて、始めたのが父親。おうどん、おそばやラーメンの製麺業です。小さいころからずっと麺が作られている様、人が働いている姿を見ていました。形態は家内工業に近かったです。そういうこともあって食べ物に対する興味は自然と沸いていました。さらに忙しい家だったので、おばあちゃんと一緒に家族のごはん作りを手伝いました。実家は秋田で、季節の食材や新鮮なお野菜を使ったお料理が基本でした。こういった体験がお料理に興味を持ち、そして好きなったきっかけですね。

家は工場と一体になっていましたから、それこそ繁忙期には従業員の人たちに大きな鍋でカレーを振る舞うようなこともするなど、自然と生活の中に料理をするというのが組み込まれていましたね。食材にも興味を持ったためか、新鮮な野菜の味を舌が覚えているんです。だから現在のGHGのナチュラルフードを使った料理、前のオーナーのナチュラルフードへの思いに共鳴しました。

Dsc 0128 2

料理を本格的にお仕事にされたのはどんな経緯があったんですか?

若い時は結構いろいろなことをしました。ただ、常にどこか飲食業には関わっていましたね。アルバイトやマネジメントも見るなど経験を積んだと思います。ある時一旦飲食業を離れる機会がありました。オフィスワークのマネージメントに関わっていて、しばらく戻らないかな、と思っていたが、好きだったというもあり戻ることになり、そのタイミングと合わせてオーガニックフード、ヘルシーフードを追求していきたい、シンプルに調理をするという自分のスタイルがようやく確立できてきたかな、という感触があったんですね。お料理を本格的にお仕事にしたのはそのタイミングです。

外国の企業に勤めていた経験があります。だから、外国の人にも日本を知ってもらいたいと思っています。和食がユネスコ無形文化遺産登録されたりオリンピックに向けた政府のアピールも盛んに行われているが、自分が祖母から習ってきたものを、もっとディープなところで伝えたいなという想いがあります。農家さんとも話をしたりして、青山ファーマーズマーケットにもよく行くのですが、シンプルに調理したものを召し上がっていくというのを勧めるようにしています。

Dsc 0044 2

麺を使ったお料理も多いのですか?

実は麺と絡めた料理はそれほど多くは作ってはいないのですが、いろいろな提案をしていけたらと思っています。海外だとフランスではそば粉をクレープに使ったり(ガレット)、欧米ではケーキに使われたりしていますね。もちろんそばはそばでざるそばで食べる人は多いと思いますが、サラダ仕立てにして、ヘルスコンシャスなビーガンやベジタリアンな方向けのご提案をしていきたいですね。スーパーフードが流行っていますよね。海外のチアシードなどが流行っているが実は日本にもスーパーフードはたくさんある。納豆とか。日本の食材でも使えるんですよ、というのと合わせてお伝えしていきたいです。

かんめんの冷麦、そうめんなどを使ってみたり、食べることが多いです。ソースをタイ風やエスニックな感じにし、お野菜と炒めて、つけて召し上がって頂くのを提案したりしますよ。もちろん定番ものも作りますよ。

Dsc 0088

英語はどこで習得されたんですか?

以前GHGのお店が恵比寿の方にあった時に、そこのお客さんだったんです。その後一緒に働くことになった際にGHGがアメリカ大使館にカフェを持っていて、そこで働くことになりました。それがきっかけで英語を話す環境になり、お客さんと交流する中で身に付けていきました。

海外の方の和食への見方は面白く、はっきり2つに分かれるんです。自分達の国のものしか食べない、という人。ハンバーガーしか食べない人。一方で好きな人は日本食の大ファンになります。居酒屋、焼き鳥、うどんを好きになるんです。でもそれは10年くらい前の話で、最近は和食が世界的にヘルシーで体にいいという認知が上がってきていますよね。ユネスコ世界遺産に指定されたことも大きいです。最近は観光客の方が居酒屋に行く人が増えてきたんではないでしょうか。アジア系の人も欧米の人も。団体でツアーバスが来て、居酒屋に入っていくのをよく目にします。

Dsc 0150 2

出張料理、ケータリングの魅力をどんなところに感じていますか?

出張料理、ケータリングは、GHGで働くようになってから多くの経験を積んできました。魅力はお客様に喜んでもらえのを目の前で見れることですよね。そして皆が楽しむ空間づくりを担っているというのがうれしいんです。お店だと全てこちら側で作ったもの。お客様のプライベートな空間作りをサポートさせていただくのが楽しいですね。

作る側としてはお客様あっての自分達なので、素材も、体にやさしいもの。いろいろなものを入れてごまかしているものではなく、提供側がきちんとしたものを出すことで、ある意味お客様をエデュケートしていくこともあってはいいのではないかなと思っています。

インタビュアーから

お料理している時の楽しそうな顔が忘れられない中村道子シェフ。食材もこんな中村シェフにお料理をしてもらい、喜んでいるのではないか、なんてことを思ってしまったインタビューでした。

Profile

PROFILE

中村道子
グッドオネストグラブ(GHG)の、野菜をたくさん取り入れたヘルシーで美味しく、素材の味を生かした料理と、日本の家庭料理とを融合してご提供します。外国の方々には日本の家庭料理の素晴らしさを、日本の方々にはその良さを再発見して頂ければと。

Cooking with LOVE provides FOOD for the Soul

愛を込めた料理は魂のための食べものとなる。

皆さんの心と体に響く料理をご提供させていただきます。