(対応時間:平日10:00~18:00)
Top > ホームパーティーは狭い部屋だって全然OK!

ホームパーティーは狭い部屋だって全然OK!

2018/03/26 更新 | 1277 views

%e7%8b%ad%e3%81%84%e9%83%a8%e5%b1%8b

ホームパーティーをリラックスしてもっと楽しもう!



実はホームパーティーにルールはない?!


ホームパーティーのルールとかマナーについての情報。最近いろいろなところで見かけます。ホームパーティー検定なるものも登場したりしてます。確かにホームパーティーを円滑に進行させるためのコツっていろいろとあるとは思います。部屋を掃除しておくとか、飾りつけとか、お料理を出す順番とか、時間の案内の仕方とか。。それこそもうたくさんあるでしょう。

世間一般で言うところのホームパーティーのイメージはこんな感じでしょうか。こんな素敵な感じのホームパーティーであれば、それ相応のマナーやルールがあった方が確かにいいかもしれませんね。
ホームパーティーのテーブルコーディネイト
しかしですね。。ホームパーティーって別にいきなり最近出現したものではなくて、前からやっていたものですよね。こういう言い方をしたら元も子もないのかもしれませんが、要は自宅でやるパーティー、だからホームパーティーなのであって、そこに絶対的なルールがあるわけではありません。あくまで人と人が付き合う中でのルールやマナーがあるに過ぎないと思うわけです。

ホームパーティーを楽しむコツ


だからもっと気軽にホームパーティーしたっていいと思います。資格なんて持ってなくてもホームパーティーしたっていいわけです。例え家や部屋が狭くたって、素敵な家具や食器がなかったって、そして大義名分(誕生日祝いとか何かのお祝いとか)がなかったとしても、開きたいと思った時が開くべき時なのです。

とはいっても資格ができるくらいですから本当に楽しむためのホームパーティーで気を付けておくべきコツをいくつか挙げておきます。資格いらず、狭い部屋でも気軽に楽しめるホームパーティーのコツです。

参加者を厳選


参加者を厳選しましょう。本当に楽しめる、気を許せる人を呼びましょう。少し関係がぎくしゃくしているからホームパーティーに呼んで仲良くなろう、というのはかなり高度な技になるので、ホームパーティー運営の熟練になるまで待ちましょう。

それよりは、油断しまくっていても大丈夫な親しい友人をまずは呼ぶようにしましょう。というかホームパーティーと命名してなくても、自宅に来てくれるようなそんなお友達を呼んで、一緒にご飯を食べる。そんなホームパーティーでいいのではないでしょうか。部屋着で食べるホームパーティーというのも良くないですか?

下記は日本ホームパーティー協会によるアンケートですが、
「ホームパーティーならではの魅力はなんだと思いますか?」
という質問に対して2016年、2017年ともに、「リラックスして楽しめる」がトップです。
ホームパーティーの魅力2016ホームパーティーの魅力の理由「リラックス」が、年々上昇中
ホームパーティーの魅力2017ホームパーティーの魅力の理由「リラックス」が、年々上昇中
4分の3以上の人がリラックスできることが魅力だと思っているんです。パジャマでホームパーティーするくらいでいいかもしれませんよ。もし交友関係を広げたい、ということであれば、新規に呼ぶ人は1~2名くらいまでにしておくとちょうどいいかもしれません。

会費をうやむやにしない


とはいっても親しき仲にも礼儀あり。そしてお金の問題は人間関係を崩すもとになりますから、怖がらずにはっきりと最初に伝えておきましょう。自分が出すお金の額、そして相手に出してもらうお金の額、もしくは最後の精算方法。これを決めておけば問題は起こらないでしょう。わかりやすく割り勘でがいいでしょうね。

親しいからといってそこを言わずに最後にいきなり精算をしようとすると、その場は何もなくても、次回がない・・・なんてことになります。

全員がゲストでありホスト


かしこまったホームパーティーだと、参加者は”ゲスト”になりますので、あまり何かを頼むことはしづらいですが、本当に楽しめるパーティーでは全員がゲストであり全員がホストなのです。

だから遠慮せずに、”仕事”を頼みましょう。掃除、買出し、料理、飾りつけ。これらを役割分担しましょう。といっても親しい友人同士で集まるわけですから、おそらく飾りつけなんていらないでしょうから、買出しと料理を決めれて、掃除はホストがちゃっちゃっとやってしまえばいいわけです。

テーブルや椅子はありもので間に合わせる


テーブルがない。椅子が足りない。そういった事情もあるかと思います。でもあまり気にしない方がいいですね。例えばローテーブル(地面に座っても使えるテーブル)を使うのも一つの手です。ローテーブルだったら椅子がなくても大丈夫です。全員地面に座るという形ですね。一応予めそういった形であるということは参加者に伝えておいた方がいいかもしれません。でないと靴下が破れているといったことがあった場合にちょっと気まずいですからね。

狭い部屋は一体感を増す


狭い部屋だからといってホームパーティーができないというのは思い込みとも言えます。人が2人以上集えばそれはもうパーティー、場所がたまたま自宅だった、くらいに考えておきましょう。

そして狭い部屋のメリットだってきちんとあります。それは一体感が増す、ということです。豪邸で部屋がいくつもあるようなお家でホームパーティーするのもいいですが、何かいろいろなものが気になってしまうことでしょう。でももし狭い部屋であれば、全員の顔が見えて、会話も共有できます。

家を自慢したいホームパーティーもあるでしょうけど、本来は参加者と楽しい時間を過ごしたい、というのがホームパーティーの目的であるはずです。そこさえ外さなければ、形式は二の次でしょう。是非親しい人達とホームパーティーを楽しんでみてくださいね。
狭い部屋でのホームパーティー膝を突き合わせての食事だって立派なホームパーティー

▲記事を友達に教えたり、「いいね」して記事を購読しよう