(対応時間:平日10:00~18:00)
Top > カップルが記念日で喧嘩しないための祝い方

カップルが記念日で喧嘩しないための祝い方

2017/06/20 更新 | 70 views

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab%e3%81%8c%e5%96%a7%e5%98%a9

記念日は喧嘩じゃなくてお祝いをしましょう



記念日の祝い方で温度差を作らないように


カップルでいると記念日というのは相手をデートに誘いだす口実にもなる貴重な機会です。アプローチした側にとってはそれはカップルになる前からそうなのですが、カップルになると付き合う前は一緒にいることができなかった、2人きりになることができなかった記念日にも2人でいることができるようになります。

一番の記念日はやはりお互いの誕生日でしょう。そしてクリスマスやお正月、バレンタインデーやホワイトデーといった季節の節目でのイベント系記念日。これらは恋人同士だからこそお祝いできる記念日ですよね。

さらには付き合った記念日なんていうのもありますし、場合によっては付き合ってから半年とか、付き合ってから3か月とかそういったタイミングを記念日にするカップルもいるかもしれません。

ただ、ちょっと怖いのは、お互いが記念日をどこまで作りたいか、という温度差があることです。作ろうと思えば、いくらでも作れるのが記念日だったりします。

お祝いは多い方がいいかもしれませんが、記念日に対する温度差があると、祝い方にも温度差が出てきて、お互いの気持ちのすれ違いに発展しかねません。

お隣の韓国なんかは毎月14日が何かしらの記念日


お隣の韓国は記念日大国かもしれません。なにせ毎月14日が何かしらの記念日になっているのですから。

2月14日 バレンタインデー
3月14日 ホワイトデー
4月14日 ブラックデー
5月14日 ローズデー/イエローデー
6月14日 キスデー
7月14日 シルバーデー
8月14日 グリーンデー
9月14日 ミュージックデー/フォトデーあ
10月14日 ワインデー
11月14日 オレンジデー/ムービーデー
12月14日 ハグデー
1月14日 ダイアリーデー

ハグデーは恋人同士でハグをし合う日なんだそうです。そんな日じゃなくても恋人同士であればハグしてそうですけど・・・ここまで記念日が多いとなんだか記念日というよりは、毎月定例のイベントといったような感じにもなってしまいますね。。

記念日におススメな祝い方


そこで記念日におススメな祝い方を挙げてみます。

記念日はできるだけ3か月~半年以上期間をあける


カレンダー
お互いの誕生日が1か月しか離れていないといった事情がある場合は別ですが、できるだけ記念日と記念日の間は空けておきましょう。韓国の記念日ではないですが、毎月記念日があると、なんだか定例行事になってしまい、感動が薄れる原因にもなります。

間をあける分、お互いどの記念日を祝うのか、という点についての合意はしておいた方がいいでしょうね。片方が大事と思っていても、もう片方があまり重視してなかった時、気持ちのすれ違いが始まりますから。。

かけたお金の額だけを評価しない


付き合い始めの頃はどれくらいのお金を使ってくれたのか、ということはある程度大事かもしれません。それも程度はあって、いきなり何百万も使われてしまうとひいてしまいますけどね。

しかし、付き合いが長くなっていく中で、いつもお金ばかりを使うというのは何だかビジネスライクな関係にも思えてしまいます。お金をかけなくても、相手に感謝の気持ちや愛情を伝えることは十分に可能ですし、付き合いが長くなるからこそわかってくる相手のツボみたいなものだってあるでしょう。

そういったところをもっとお互いが評価してあげることによって、付き合いが深まっていくものです。

計画は一緒に立てる


付き合う前や付き合い立の頃にサプライズプレゼントをするというのはいい方法です。でも付き合いが長くなってくると、毎回サプライズ、というわけにもいきません。

そこで、プレゼントの中身だけではなく、あげるまでの過程を楽しむようにするのです。一つの例が計画を一緒に立てるという形です。レストランに行くのであれば、どんなレストランに行きたいのか、何を食べたいのか、どんな服装で行くのか、その服はいつ買いに行くのか、といったことを話し合い、ショッピングにも付き合ってあげるのです。

そうして、当日はその服を着ていくことにより、例えばインスタにあげる写真のハッシュタグ何かもありきたりのものではなく、オリジナリティーが発揮されたものになっていくのではないでしょうか。

高いレストランで美味しい食事を食べた。ということだけではなく、どうしてそこに行ったのか、どこでお互い妥協したのか、何を着て行こうと思ったのか、といった食事以外にまつわるエピソードがいくつあるか、ということがそのカップルの付き合いが深まる要因になっていくのではないかと思います。

ワインを少しグレードアップ


ワインじゃなくてもいいんですけど、記念日に毎回することを決めておくという祝い方です。

普段は頼まない高級ワインを記念日は飲む。
普段は着ないドレスを着る。
普段は使わない高級食材を使って料理する。
普段は異なる役割分担をする。

そんな感じで記念日の2人だけの楽しみ方を決めておくのです。付き合いが長くなればなるほど記念日の回数は増えていきます。そうすると毎回サプライズによる新鮮味というのは難しくなってきます。

新鮮味がなくなってお別れ・・・ということもあるのかもしれませんが、できれば長く付き合いたい、、そう思っている人もいるでしょう。そんな人達には、お互いが共通の楽しみを記念日に設定するのはオススメです。

是非お試しあれ。

▲記事を友達に教えたり、「いいね」して記事を購読しよう