(対応時間:平日10:00~18:00)
Top > 結婚記念日のディナー、自宅で特別な服装でおうちディナー!

結婚記念日のディナー、自宅で特別な服装でおうちディナー!

2018/03/26 更新 | 1000 views

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%b3

結婚記念日は特別なディナーでお祝い



結婚記念日の定番といえばディナー


結婚記念日のお祝い毎年してますか?結婚記念日の祝い方の定番はディナーですよね。

普段はなかなか行けないような高級レストランやホテルのディナーを予約して、2人ゆっくりとディナーを楽しむご夫婦も多いかと思います。1年に1回は夫から妻へ、妻から夫へ感謝の言葉を伝える機会に使っているというご夫婦もいらっしゃるでしょう。なかなか普段面と向かってありがとうを言うのもちょっと恥ずかしいというのもありますからね。

高級レストランやホテルは雰囲気もさることながら、そういった場所に行くということで、普段とは違う特別な服装で出かけるというのも気分を高める一つの要因になっていますね。

赤ちゃんが産まれてからの結婚記念日ディナー


しかし、お子様ができてからの結婚記念日ディナーは少し様子が違ってきます。もちろんお子様の世話ということもあります。そしてお店側が残念ながら赤ちゃん・子連れでの入店NG、、、ということもあります。

そうなると、赤ちゃんが産まれてからは、なかなか結婚記念日であっても外食やお出かけをするのが難しくなるというのが現状かもしれません。それでもやはり1年に1回しかない貴重な記念日。何か記念日っぽいことをしたい、そう思うご夫婦だっていますよね。普段は子育てやお仕事に大忙しなのですから。

オススメは家の中でも外食時の服装に


そんな時におススメなのが家の中であっても、自宅であってもあたかも外食するのと同じような服装になって、おうちディナーをすることです。夜ごはんではなく、ディナーって言ってくださいね。

お気に入りの服装でドレスアップし、もちろん奥さんはメイクもばっちりしましょう。結婚前のデートの時と同じようにおしゃれをしてくださいね。ピアスやイアリング、ネックレスなんかももちろんつけましょう。外出する際にはなかなか勇気がいる夫婦お揃いの服装なんかもいいかもしれません。

テーブルコーディネートなんかもできるだけ雰囲気を高めるためにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。部屋の飾りつけもありです。

ポイントは夫婦2人がその気になっていることです。旦那さんがあまり乗り気じゃなかったり、奥さんはメイクをしてなかったりというのだと盛り上がりに欠けてしまうことになります。そういう意味でテーブルコーディネートは大事になってきます。

お花を置くだけでもずいぶんと雰囲気は違いますし、ライトアップなんかも考えてみましょう。インスタにアップするフォトジェニックなウェディングフォトにはライトアップが欠かせませんからね。となるとキャンドルなんかもあっていいでしょう。2人の大事な区切りの日なんですから。嫁に行った日、妻をめとった日を思い出してあげてください。

そしてテーブルクロスも普段とは異なるものを用意します。お客様がやってくる、思って用意をしてみるといいかもしれません。

テーブルコーディネイト

お飲物は本当であればお酒を飲みたいところですが、お子さんが0歳児で授乳中といった場合はそういうわけにもいきません。その場合はスパークリングウォーターなどで雰囲気を高めましょう。あ、グラスは100円ショップでも構いませんよ。ワインやシャンパンを飲むのは本当のレストランに行った時にとっておきましょう。後は、ムーディーな音楽。これも用意したいところですね。クラシックな洋楽がオススメです。場合によっては結婚式のDVDをムービーとして流すというのも検討してみてください。

その分お料理メニューはそこまで無理をしない方がいいかもしれません。メインのお料理だけ厳選した素材を使って手料理を作るか、それもデパ地下なんかで事前に注文しておくといった形でも食事としては十分豪華で贅沢感が出ますから。

お料理全てで手作りにこだわってしまうと、負担が大きくなりすぎますので、おいしいものは出来合いのものを購入し、その他の部分で気分を高めるのです。予算が合えばデリバリーやケータリングも検討してみましょう。最近は結構おしゃれなデリバリーやケータリングもありますし、宅配されたお料理を自宅にある食器に盛付け直すのもありです。むしろ和食洋食いろいろなものを混ぜる形でメニューを組めるのは自宅でお祝いをするメリットかもしれません。お寿司とフォアグラなんて組合わせレストランではなかなか味わえませんからね。何食べるかは夫婦の自由です。

夫婦の記念写真

子供が産まれるとしばらくゆっくり外食することは難しいかもしれませんが、自宅で外食気分が味わえるようになると少しは違うかもしれません。それも大事な家族の時間ですからね。余裕があったら最後に記念撮影なんてどうですか。こういう時の写真はアナログに写真立てやフォトブックにして残しておいてもいいかもしれません。銀婚式くらいまで続けるといろいろと変化が見れて楽しいですし、息子さんや娘さんにも将来楽しんでもらえるでしょう。

是非お試しあれ。

▲記事を友達に教えたり、「いいね」して記事を購読しよう